システム連携

システム連携で、
バックオフィス業務に携わる担当者と
従業員の業務の効率化を実現します。

SYNCPIT と勤怠管理システム「KING OF TIME」、グループウェア「Garoon」、デバイス管理ツール「LANSCOPE クラウド版 」を連携することで、日々利用しているビジネスチャットを入口に、バックオフィス業務に従事する担当者や従業員の業務の効率化を実現します。

  1. 8:00スケジュール管理

    SYNCPIT × Garoon

    その日に登録されているスケジュールを従業員に通知。就業前に従業員はビジネスチャットから予定を確認できます。

    午前中は会議が2つ・・午後はお客様先に訪問して・・・

  2. 9:00出勤

  3. 10:00勤怠実績・36協定遵守通知

    SYNCPIT × KINGofTIME

    勤怠の打刻漏れや残業申請漏れがある場合に従業員へ通知。打刻・申請の依頼業務を自動化できます。

    今月はもう39h残業している・・・。

  4. 13:00経費精算締日通知(テキスト通知)

    SYNCPIT × テキスト通知

    経費精算や勤怠提出の締め日のお知らせなど連絡したい内容を定期的に従業員に通知できます。

    <通知の例>
    ● 経費精算の締日のお知らせ(毎月第3月曜日)
    ● ノー残業デーのお知らせ(毎週水曜日)

    この前購入した備品の精算、今週中にしないと。この場合、どうすれば良いんだろう・・ボットで確認しよう。

  5. 18:00退社

  6. 21:00スマホ紛失対応

    SYNCPIT × LANSCOPE クラウド版

    スマホ紛失時、デバイスを利用している本人が、紛失時の位置情報の確認やリモートロック・ワイプを実行できます。

    居酒屋出る時はあったと思うんだけど・・・位置情報を確認して、スマホのデータを初期化して、上長に報告しよう。

システム連携1

SYNCPIT × KING OF TIME

勤務管理連携通知画面

従業員へ勤務実績の情報や勤怠関連の申請漏れを自動通知します。

勤怠管理システム「KING OF TIME」と連携し、残業時間や有給取得の状況などを従業員に自動通知します。
また打刻漏れや残業申請漏れがあった場合は本人に申請を行うよう通知。
管理者様のチェック業務の工数を削減します。

通知できる内容

  • 勤怠実績

    残業時間、有給取得日数などを通知できます。

  • 打刻漏れ
    通知

    打刻漏れがあった場合、当該の従業員に打刻漏れの通知ができます。

  • 残業申請漏れ
    通知

    残業を行ったが、申請をしていなかった場合、当該の従業員に残業申請漏れの通知ができます。

  • 打刻エラー
    勤務通知

    休日を予定していたが出勤して打刻した場合などに通知できます。

勤怠実績のお知らせ例

KING OF TIMEの詳細はこちら

システム連携2

SYNCPIT × LANSCOPE クラウド版

「いつでも」「どこでも」利用者が緊急時の対応を自己解決できます。

LANSCOPE クラウド版 と連携することで、デバイスを利用している本人が、紛失時の位置情報確認やリモートロック・ワイプの実行、
またパスワードを忘れてしまった場合のリセットを実行できます。

ロックフロー例

実行できる紛失・パスワード忘れ対応

スマホ紛失対応 iOS・Android デバイスの紛失対応をチャットサービスから利用者本人または管理者がデバイスを指定して実行できます。
スマホ紛失対応
(管理者)
PC 紛失対応 Windows・Mac デバイスの紛失対応をチャットサービスから利用者本人または管理者がデバイスを指定して実行できます。
PC 紛失対応
(管理者)
紛失 PC 復旧対応 リモートワイプを実行した(BitLocker によって起動不可)Windows デバイスに対して、復旧手順や復旧に必要なBitLocker回復キーを利用者本人または管理者が確認できます。
紛失 PC 復旧対応
(管理者)
パスワードオフ・
再設定
iOS・Android デバイスのパスワードを忘れてしまった際に、ビジネスチャットからパスワードのオフ(iOS)、パスワードの再設定(Android)が可能です。
パスワードオフ・
再設定(管理者)

LANSCOPE クラウド版 の
詳細はこちら

システム連携3

SYNCPIT × Garoon

従業員にその日のスケジュールや
ワークフローの承認・
確認依頼を通知できます。

グループウェア「Garoon」と連携し、その日に登録されているスケジュールを通知できます。また、未承認・未確認のワークフローがあれば、該当する責任者に通知。承認・確認漏れを防止できます。

スケジュール管理連携通知画面

通知できる内容

  • 当日スケジュール通知

    従業員に、その日に登録されているスケジュールを通知できます。1日の業務が始まる前の「朝 6:00-8:59」の間での通知がおすすめです。

    スケジュール通知例

  • ワークフロー確認依頼通知

    未承認・未確認のワークフローがある場合、 承認・確認担当者に通知できます。

    ワークフロー未承認通知例

Garoonの詳細はこちら