Syncpitとは

情シス・総務の日常業務を
セルフサービス化、
取り組みたい
業務に集中できる環境
を。

Syncpitは、バックオフィス特化型FAQチャットボットで、情シス・総務に集中している問い合わせ対応を自動化し、従業員自身が自分で解決できるような環境をご提供します。情シス・総務は日々の定常業務・問い合わせ対応に追われることなく、より生産性の高い業務に集中することができます。

情シス・総務が抱える課題

業務に必要なデバイス、ツール、サービスなど、取り扱う情報量が増えたり、従業員が増えるにつれ、問い合わせは年々増加。
社内に仕組みはあっても、従業員に浸透していなかったり、覚えていないこともあります。

情シス・総務

  • 同じ質問を何度もうける。
  • 従業員を待たせるわけにはいかない。
  • 対応に追われて、
    他の業務が進まなかった。

従業員

  • マニュアルが
    どこにあるのかわからない。
  • 情シス・総務は
    忙しそうで何度も聞きにくい。
  • 業務時間外にトラブルが発生した。

Syncpitが解決する課題

情シス・総務に集中する問い合わせ対応を、チャットボットを導入することで
ユーザーが自分自身で課題を解決する環境をご提供します。

バツ バツ

情シス・総務に問い合わせ対応が集中

マル マル

ユーザーが自分自身で課題解決

チャットボットプリセットFAQ

Syncpitは情シス・総務に替わり、チャットボットが自動で問い合わせに対応します。
例えば「スマホ紛失」と入力した場合、実行できるアクションとFAQから、選択肢が絞り込まれて表示されます。
もしも、無意味な発言や登録されていない発言をした場合、ナビゲーションが表示されるため、問い合わせたい項目を選択します。

導入メリット

情シス・総務の対応工数削減
日々繰り返される問い合わせを、チャットボットが代わりに自動応答し、情シス・総務の対応工数を削減します。情シス・総務の問い合わせ対応など定常業務の時間を削減し、より生産性の高い業務に取り組むことができます。
従業員の満足度向上
従業員が解決したいことを、普段利用しているビジネスチャットからチャットボットに質問し、自動応答します。従業員は知りたい情報をすぐ手に入れることができるので、回答を待つ時間が削減。さらに「この質問誰に聞けば良いか分からない」「こんな質問して迷惑にならないかな?」といった心理的ハードルを下げることで、結果的に従業員の満足度向上にもつながります。
24時間365日対応
チャットボットが代わりに従業員の課題を24時間365日対応で解決します。従業員によって勤務体系が異なり、情シス・総務担当者が不在の場合、“一人情シス” “一人総務” の担当者がお休みの場合も安心です。
情シス・総務業務の棚卸し
Syncpitの導入は思わぬ付加価値をもたらします。プリセットされているFAQのメンテナンス・運用が、業務の棚卸しにつながります。そのため、新任の情シス・総務担当者でも自社にどのような仕事があるのかを見える化でき、また、必要な業務・そうでない業務の棚卸しにも役立ちます。

他のチャットボットとの違い

他社のチャットボットサービスとの違いは、バックオフィスに特化することで導入コストが低く抑えられる他、
システムメンテナンスまで行うため運用コストが低いことです。

AIチャットボット

汎用性

汎用型

バックオフィス特化型

FAQ作成

バツ バツ

(ユーザー企業側が作成)

マル マル

(プリセット済み)

システム
連携

バツ バツ

(個別のシステム)

マル マル

(プリセット済み)

導入コスト

高い

低い

自然
言語処理

マル マル

マル マル

特徴

AIの回答精度を高めるチューニングが必要となり運用コストも高い。

システム連携のメンテナンスをMOTEXが実施するので、運用コストが低い。

※Syncpit AIの役割は、文言の揺れを吸収すること(特にバックオフィス業務で使われる用語にチューニング済み)。検索エンジンのように、FAQをランク付けして回答精度を上げることです。

詳しい資料をご用意しています。

導入時にご検討いただく際の各種資料を
ダウンロードいただけます。

ダウンロードする

導入事例をご覧いただけます。

Syncpit導入で業務改善を進めた事例を
ご紹介します。

導入事例を見る